スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
おすすめ本③ 『 残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉 』 浅田次郎
あらすじ
大正~昭和にかけて大活躍し、天切り松の異名を持つ大泥棒が、六尺四方(半径約1.8m)にしか届かない闇語りを使い、現代の留置場の男たちに大正時代の仁義・ロマンを伝える。
感動と興奮の短編八編収録。
※天切りとは、文字通り天井を切り抜いて他人の家に侵入する、夜盗の荒業のこと。

書評
お義父さんが貸してくれたおすすめ本。
浅田次郎と言えば『鉄道員(ぽっぽや)』や『壬生義士伝』などが有名だけど、こんな隠れた傑作もあったんだなあ。
テンポの良い天切り松のべらんめぇ口調に引きつけられて、一度読み出すと止まらなくなりやすよ。四の五の言うのは野暮ってもんよ。興味があるなら読んでみんしゃい。

残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉 残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉
浅田 次郎 (2002/11)
集英社
この商品の詳細を見る

ピックアップ名言
「歩きたまえ。止まってはいけない。人の迷惑になる。」 永井先生
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

【2007/02/25 15:43】 | おすすめ本<日本文学> | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
おすすめ本② 『 人間そっくり 』 安部公房
あらすじ
《こんにちは火星人》というラジオ番組を手がける脚本家のもとに、自称火星人と名乗る来客が。
しかし、その男はは見た目は地球人そのものだ。
脚本家は、半信半疑のまま男の話に飲み込まれ、次第に自分を見失っていく…。

書評
奇才、安部公房によるSF(?)短編。
(自称)火星人のキャラがまさに狂気っていうかめちゃめちゃ異常なんだけど、意外と身近にもこんな人いるかも?と思って怖くなった。

ちょっと変わった小説が読みたい人にオススメ。

人間そっくり 人間そっくり
安部 公房 (1976/04)
新潮社
この商品の詳細を見る


ピックアップ名言
「人を見たら、火星人と思え……」 (自称)火星人 の妻

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

【2007/02/19 00:17】 | おすすめ本<日本文学> | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。